完全無欠コーヒーと糖質制限ダイエットを中心に、健康的かつ効率的に痩せる方法を紹介

完全無欠ダイエット部

キッチン用品

完全無欠コーヒー用のブレンダーはコレだ!一人用からコーヒー豆も挽けるミル付きブレンダーまで厳選3機種 紹介!

更新日:

blending the wet ingredients

完全無欠コーヒーをつくるには、完全無欠コーヒーのレシピの記事でも紹介しているとおり、①コーヒー、②MCTオイル、③グラスフェッドバターの3つを『ブレンド』する必要があります。

どうして『ブレンド』を強調したかといいますと、『ミックス』ではダメだからです。日本語でいうと、どちらも「かき混ぜる」という意味なので、違いわ分かりにくいですよね。ブレンドはミックスより、更にしっかり混ぜるという理解でそれほど間違いはありません。

公式動画でも注意されていますが…

『しっかりとブレンドするほどいい。スプーンでかき混ぜる程度ではダメだ。』と言われていますね。

なので、完全無欠コーヒーをつくるときには、必ずブレンダーを使いましょう

完全無欠コーヒー愛飲者のブログを拝見していますと、たまにこういった泡立て器を使ってらっしゃる方がいますが、あれは公式的には良くないよということです。

完全無欠コーヒーの効果についての記事でも書きましたが、コーヒーとバターをしっかり溶かし合わせると、バターがミセルという特別な状態になり、脂肪をエネルギーに変換してくれるようになります。

なので、より早く体重を減らしたい方ほど『ブレンダー』を使うほうがいいです。

ということで、お手入れが簡単で使いやすいブレンダーを紹介しますね。まずは、1〜2人用のスマートなデザインのブレンダーから。

完全無欠コーヒー用のブレンダーおすすめTOP3!(※1〜2人用)

ビタントニオ「ミニボトルブレンダー」(Mini Bottle Blender Vitantonio)

ミニボトルブレンダー ビタント二オ [VBL-3/ココナッツ] MINI BOTTELE BLENDER Vitantonio

ビタントニオのミニボトルブレンダーは、小型でスマートなデザイン。置き場所に困ることはありません。女性にも男性にもオススメできるモダンでシャープなルックス

しかし、回転数は17,000回転/分で十分しっかりとブレンドしてくれます。

商品の注意事項に40度以上のお湯は使わないでくださいとの記載がありますが、容器自体の耐熱温度は90度です。沸騰したてのお湯をすぐ注ぐようなことをしない限りは、そこまで心配いらないのではないかなと思います。

>>ミニボトルブレンダー ビタント二オ

ビタントニオ「 マイボトルブレンダー」(Vitantonio My Bottle Blender)

Vitantonio マイボトルブレンダー レモン VBL-31-LE

ビタントニオのマイボトルブレンダーは、先ほどのミニボトルブレンダーの高性能版です。

回転数が17,000回転/分から23,500回転/分へと、6,500回転UP!

よりハイパワーで素早くしっかりかき混ぜてくれます。毎朝、完全無欠コーヒーをつくる時間を少しでも早くしたいという方は、こちらのほうがいいかもしれませんね。

>>マイボトルブレンダー

日立「パーソナルブレンダー(HX-C1000)」

日立 パーソナルブレンダー レッド HX-C1000 R

日立製のパーソナルブレンダーもおすすめです。

こちらは、先ほどのビタントニオのマイブレンダーと同じような形状で、使い方もほぼ同じです。回転数も、20,000回転/分でほぼ同じ。

しかし、こちらの商品には600mlボトルの他に400mlのミニボトルが付いています。600mlの細長い形状のボトルの場合、どうしても底までしっかり洗いにくいということがありますが、ミニボトルを使えば、そういった問題も解消されると思います。

コーヒー1杯は、おおよそ150ml前後ですから、完全無欠コーヒー1杯〜2杯分は十分つくれます。

>>日立 パーソナルブレンダー HX-C1000

コーヒー豆も挽ける完全無欠コーヒー用ブレンダーTOP3!

ビタントニオ「マイボトルブレンダー VBL-300(ミル付)」

マイボトルブレンダー ミル付 ビタントニオ VBL-300 Vitantonio MY BOTTLE BLENDER with Mill

ビタントニオのマイボトルブレンダーの更に高性能版、ミル付きのマイボトルブレンダーです。

普通のマイボトルブレンダーがプラスチック製だったのに対して、こちらの商品は金属製になっています。金属で作ることにより、回転数23,500回転/分はそのままで、本体を小型化することに成功しています。

マイボトルブレンダーでは、ちょっとポップすぎて家に置きづらい…。という方は、こちらの商品がデザインが優れているのでいいかもしれませんね。

コーヒー豆が挽けるミル付きですので、インスタントコーヒーではなく、コーヒー豆で完全無欠コーヒーを作るという方にも最適。

>>マイボトルブレンダー ミル付 ビタントニオ VBL-300

ハリオ 「ミル アンド ブレンダー EBL-750」

ハリオ ミル アンド ブレンダー EBL-750

デザイン性も大事だけど、容量も大事!という方には、ハリオのミル アンド ブレンダーがおすすめです。

先ほどのマイボトルブレンダーの容量が600mlなのに対して、ハリオのミル アンド ブレンダーは750ml。150ml分、容量大きめになっています。ファミリーで毎朝 完全無欠コーヒーを飲んでいるという方には、こちらの商品のほうがいいかもしれません。

容量は大きくなっても、底の接地面を広くすることによって、静音性をキープできるよう工夫されています。

>>ハリオ ミル アンド ブレンダー EBL-750

ティファール「クリック&テイスト」

ティファール ミキサー クリック&テイスト ルビーレッド BL143GJP

最後にご紹介するのは、ティファールの「クリック&テイスト」!

何を隠そう、私が使っているブレンダーがコレです。(※商品名に「ミキサー」と書かれているものの、ブレンダーとして問題なく使えます。)

置き場所に困らないシャープなデザインが特徴的。また、低速と高速の2つのブレンドモードが選べるというところも、先ほどの2つのブレンダーには無い特徴です。

コーヒー豆を挽くとき、もしくは、早朝はしずかな音でブレンドしたいという方におすすめです。容器がガラス製でしっかりしていますので、低速モードでなくても、一般的なブレンダーにくらべて静かに動いてくれます。

カッター部分がワンタッチで取り外せるというのも、お手入れ簡単でありがたいポイントです。

>>ティファール クリック&テイスト

まとめ:完全無欠コーヒーを毎日飲むなら、「クリック&テイスト」がおすすめ!

とりあえず、完全無欠コーヒーがどんなものか試してみたいなら、一人用の低価格のブレンダーを選んでもいいと思います。

ただ、毎日飲むとなると、プラスチック製のブレンダーは辞めておいたほうがいいかもしれません。プラスチック製だと、どうしても頑丈に設計できないので、結局買い換えるはめになるかと…。

そうであれば、最初からガラス製で頑丈なブレンダーを選ぶほうが、結局お買い得だと思います。

ガラス製の容器は、プラスチック製のものより厚みがあるので、ブレンド時の音を内部に閉じ込めてくれます。本体がグラつかないので、静音性に優れています。

完全無欠コーヒーを長期間のみ続けるのであれば、頑丈で静音のクリック&テイストが、個人的にはベストかなと思います。

オススメ記事

-キッチン用品
-

Copyright© 完全無欠ダイエット部 , 2018 All Rights Reserved.