完全無欠コーヒーと糖質制限ダイエットを中心に、健康的かつ効率的に痩せる方法を紹介

完全無欠ダイエット部

完全無欠コーヒー

完全無欠コーヒーのレシピ(公式食品版と代用食品版)

更新日:

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%a8%e7%b4%99%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97

完全無欠コーヒーの作り方は簡単です。

良質なグラスフェッドバター(無塩)と、カビ毒に汚染されていないコーヒー、そしてココナッツオイルから抽出したMCTオイルの3つをブレンダーでかき混ぜれば完成。それだけです。

完全無欠コーヒー用の食品は、「シリコンバレー式 自分を変える 最強の食事」の著者であるデイヴ・アスプリー氏の公式サイトから購入することが出来ます。

参考Bulletproof.com

 

ただ、海外サイトから食品を注文するのは、一般の方にとって少し難しいかもしれません。住所を英語で書かなくてはいけないので。

参考完全無欠ダイエットの海外公式サイトにアカウント登録する方法。日本未発売商品を最速ゲット!

 

多くの人は、海外サイトから食品を購入するくらいなら、日本で手軽に買える食品で完全無欠コーヒーを作りたいと思っているでしょう。安心してください。実は完全無欠コーヒーの公式食品は、ほぼ全て日本で手に入れることができます。海外の公式サイトから購入しなくても大丈夫です。

本記事で完全無欠コーヒーを作るための食品(公式食品と低価格の代用食品)を全て紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

完全無欠コーヒー公式レシピ

完全無欠コーヒーの公式レシピと公式食品は、以下のとおりです。作り方は、上の動画を見て頂ければ分かると思います。

  • アップグレードコーヒー豆で淹れた熱々のコーヒー・・・2杯
  • グラスフェッドバター(無塩)・・・大さじ2杯まで(空腹感により調整可)
  • ブレイン・オクタン・オイル(C8・MCTオイル)・・・大さじ2杯まで(空腹感により調整可)

参考シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

 

レシピ内に記載されている「コーヒー2杯分」が一体何mlなのか気になるところだと思います。デイブ氏の著書「シリコンバレー式〜」にも、「何ml」と明記されていませんので…。

ただ、完全無欠コーヒー公式サイトで販売されているHARIOのカフェプレスから、およそ何mlなのか推測できます。カフェプレスの取扱説明書で、「1杯分を約120mlとした場合、2杯分(240ml)の珈琲ができます」との記載があります。

ですので、2杯分は240mlと考えればいいでしょう。

参考カフェプレス・ウッド - 耐熱ガラスのHARIO

 

ちなみに、HARIOのカフェプレスは日本でも変えます。

 

ではさっそく、完全無欠コーヒーに必要な食品を紹介します。

完全無欠コーヒーを作るために必要な食品(公式食品版)

完全無欠コーヒーを作るのに必要な食品は、コーヒー豆・グラスフェッドバター・ブレインオクタンオイルの3つです。

完全無欠コーヒーの公式コーヒー豆はこちら。

 

ブレイン・オクタン・オイルはこちら。一時期は転売屋の方々がべらぼうに高い値段をつけていましたが、ほぼ公式サイトと同じ値段で買えるようになってますね。

 

グラスフェッドバター(無塩)に関してですが、実は「シリコンバレー式〜」の中で、グラスフェッドバターより上質な「ギー」というバターが紹介されています。公式サイトBulletproof.comでもグラスフェッドバターではなく、ギーが販売されています。

ですので、完璧な完全無欠コーヒーを作るのであれば、グラスフェッドバターよりギーを使いましょう。

参考乳アレルギーの人も安心!Bulletproof公式ギーで完全無欠コーヒーを作れば、乳タンパク質もカゼインもゼロ!

 

お気づきだとは思いますが、すべて公式食品で完全無欠コーヒーを作ろうとすると値段が高くなってしまいます。高品質ですから、そのぶん高価なのは当然ではあります。

ただ、もう少し安い方が良いという人は、低価格の代用食品を使いましょう。代用食品であっても、完全無欠コーヒーの効果は得られます。

完全無欠コーヒーを作るために必要な食品(低価格な代用食品版)

完全無欠コーヒーを作るための代用食品は、以下のとおりです。

  • アップグレードコーヒー豆→単一産地のスペシャルティコーヒー豆
  • ギー→グラスフェッドバター(無縁)
  • ブレインオクタンオイル→仙台勝山館のMCTオイル

上記の3つの食品は、公式食品よりかなり安く手に入れることができます。

 

ちなみに、普通のコーヒー豆ではなく、単一産地のコーヒー豆に拘こだわるのには理由があります。それは、単一産地のコーヒー豆であれば、複数産地ブレンドよりカビ毒が含まれる可能性を減らす事ができるからです。これは「シリコンバレー式〜」にも記載されています。

 

「単一産地に拘るのはわかったけど…スペシャルティコーヒーってなに?」ってことですが、これは一定の品質基準をクリアした良質なコーヒーのみに与えられる名称のことです。要するに一般的なコーヒー豆より、品質の良いコーヒーってことです。

 

パオコーヒーが販売しているエチオピア・イルガチェフェは、単一産地のスペシャルティコーヒー豆なので、完全無欠コーヒーの代用食品としてピッタリです。

 

ちなみに、愛飲者の多い小川珈琲のスペシャルティコーヒーは生産地がバラバラです。単一産地ではありません

ただ、スペシャルティコーヒーの基準は満たしています。産地がバラバラなだけで、高品質なコーヒーであることに間違いはありません。生産地にこだわらないのであれば、完全無欠コーヒー用に使ってもいいと思います。

 

もし、コーヒー豆を砕くのが面倒だということであれば、有機JAS認定された単一生産地のインスタントコーヒーを使うのもありです。ちなみに、私は有機JAS認定されたインスタントコーヒーを使って、完全無欠コーヒーを作っています。簡単ですからね。

JAS認定マークは、生産工程がきちんと管理されたものにのみ与えられる品質保証マークです。このマークのあるコーヒーは、普通のインスタントコーヒーより品質が優れているということになります。

むそう商事のオーガニックインスタント珈琲は、JAS認定マークがあり、しかも単一産地のコーヒー豆(コロンビア産のみ使用)から作られているインスタントコーヒーです。

 

マウントハーゲンのインスタントコーヒーも有機JAS認定されたインスタントコーヒーなのですが・・・、コーヒー豆の生産地がパプアニューギニア、ペルー、メキシコと、バラバラでです。

複数生産地のコーヒー豆を使用してはいますが、JAS認定はされていますので、一般的なインスタントコーヒーよりは良いといえます。単一産地にこだわらないのであれば、こちらのインスタントコーヒーを使ってもいいでしょう。

 

グラスフェッドバターは、ニュージーランドのWestgold社製グラスフェッドバターがおすすめです。1個1kgなので、一人分には少し多いです。しかし、その分価格が割安になっています。

(※ニュージーランドは気候に恵まれていますので、ほぼ1年中牧草がとれます。牧草牛が育てやすい環境です。グラスフェッドバターを選ぶときには、ニュージーランド産かどうかを基準の1つにしてみるのもいいかと思います)

 

1kgでは多すぎるという方は、グランフェルマージュのバイオバターを使ってもいいと思います。こちらもグラスフェッドバターです。

 

ブレイン・オクタン・オイルの代わりに使えるMCTオイルは、仙台勝山館のMCTオイルがおすすめです。

仙台勝山館のMCTオイルは、ココナッツヤシ原料100%使用の特注生産品です。品質マネジメントの国際規格「ISO9001」を取得した工場で生産されており、品質に徹底的にこだわっています。

まとめ

完全無欠コーヒーの公式食品と代用食品の大きな違いは『価格』です。

全ての食品を公式食品でそろえようとするとお金がかかります。ですので、公式食品か代用食品か、どちらで作るかは予算に合わせて決めるのが良いと思います。

 

注意点としては、完全無欠コーヒーのレシピの分量は、すべて「外人用(西洋人用)」に作られているということです。つまり、体格が大きい人用の分量ということです。

 

一応、「シリコンバレー式〜」本には、体重65kgの人用の分量として記載されていますが、日本人は西洋人のように日常的に油を摂取していません。ですので、公式レシピ通りに作るとバターやオイルの量が多すぎる可能性があります。私の場合、グラスフェッドバターもMCTオイルも公式レシピの約半分ぐらいの量で作っています。

公式レシピの分量は、あくまでも1つの基準として考え、自分の体格、体質に合わせて微調整してください。

公式通りに作らなければ、完全無欠コーヒーの効果が出ないなんてことはありませんので、ご心配なく。分量を減らしても、完全無欠コーヒーを飲んでいることに変わりはありません。効果はあります。

当たり前ですが、バター1g、MCTオイル1gとかではダメですよ!(苦笑)完全に公式レシピの分量通りでなくてもOKというだけです。

 

完全無欠コーヒーを飲んで、毒素による炎症でパフォーマンスが下がった体を蘇らせましょう!

思考がクリアになり、集中力が高まり、しかも健康になるんですから、飲まないなんてもったいない!

 

単純な話ではありますが、食べたものから身体が作られます。つまり、今日食べたものが明日のあなたを作るわけです。なので、良い食べ物にこだわることは大切です。

『良い食べ物にこだわる=贅沢』ではありません。自分自身を大切にするということです。コンビニ食ばかりでは、いつか後悔する日が来るはずです。そうなってからではもう遅いです。

今から健康に気をつけていきましょう。食生活すべてを変える必要はありません。朝ごはん代わりに完全無欠コーヒーを飲むだけで十分です。それだけで、以前の適当な食生活よりグッと健康的になること間違いなしです。

実際に完全無欠コーヒーを作っている様子を記事としてまとめましたので、食品はそろえたものの作り方がわからないという人は、参考にしてみてください。

参考【実践】完全無欠コーヒーの作り方。目分量で簡単に作る方法はコレ!

オススメ記事

-完全無欠コーヒー

Copyright© 完全無欠ダイエット部 , 2018 All Rights Reserved.